メール最後の仕上げ

メールのやり取りをして、いざ会うとなったとき、最後にどういうメールを送ろうか?これは多くの男性が悩むところだと思います。でもあまり堅苦しく考えない方がいいです。相手の緊張をほぐしてやれるような余裕を見せつけましょう。
女性がどこに行きたいかなどは気になるところですが、大事なメールだからと言って何度も何度もやりとりするのではなく、簡潔な方がベスト。右往左往せずにスパッと決めて、待ち合わせ場所、当日の目印になるものなどを確認して、「楽しみにしています」とだけ言っておけば大丈夫です。
女性は、自分に自信がなくてもそれをあまり相手に言ったりしない方がいいでしょう。
あくまでもそっけなく、男性にリードされてしまいましょう。あまり自分の欠点などを書きすぎるのも相手はいい気はしませんし、自分のコンプレックスも実際に会ってみれば相手には魅力的に映っているかもしれませんよ。
全ては当日のお楽しみですから、気楽にいきましょう。会ったことのない二人が初めてのデートをするわけですから、面接のようなものだと認識しておきましょう。
相手がどんな人なのか確かめるというような気持で行けばいいのです。期待しすぎても期待しなさ過ぎてもうまくいかなくなってしまう可能性がありますから、お見合いのようなものだと思って臨みましょう。
メールで盛り上がっていたか、そうでなかったかは最初のデートではそれほど関係ありません。メールが苦手だけど実際には話しやすい人かもしれないし、逆のパターンもあります。
実際にあって気が合わなければ、すぐに次に向かおう。そういう気持ちでいれば気が楽になるし、割り切って話すことができるでしょう。
メールでの出会いですから、合わない相手であれば今後の関係は切れてしまうかもしれませんが、それは仕方のないことです。恋人探しをしていますから、お互い一つの関係に固執せず、次に進むのがいいでしょう。